おすすめのネットワークカメラの設置場所|死角をなくしておく

安心安全な暮らしをカメラで守る
このエントリーをはてなブックマークに追加

電球型の防犯グッズ

積み木の家と鍵

自宅や会社にネットワークカメラを設置したい、そんな時に役立つのが電球型の商品です。面倒な配線工事の必要はなく、ソケットにさし込むだけで映像の撮影が行なえる優れ物です。

もっと読む

企業や施設への導入

レディ

今やネットワークカメラは、様々なサイズや機能を備えており、使い方も自由度が高くなっています。個人宅への導入も増えていますし、企業や団体での利用も徐々に広がりを見せています。

もっと読む

感知角度の確認

ウーマン

防犯対策にネットワークカメラを導入する際は、まず設置する場所を確保しておきましょう。室内であれば、死角の少ない角が有効な設置場所になるでしょう。ネットワークカメラにはセンサー感知角度というものがあり、機種ごとでその範囲は異なってきます。室内用の機種なら、およそ90度の範囲を感知してくれます。これとは別に、撮影角度というものもあります。この2つの範囲によって、カメラの作動が変わってきます。商品詳細にこれらの情報は掲載されているでしょうから、購入の際に確認しながら比較してみましょう。

外出が多い方や、家を留守にする時間が長い方は、大容量の映像を記録できるネットワークカメラがおすすめです。また、スマホやタブレットと連動できる機能があれば、安心して映像の確認が行なえるはずです。停電時や災害時でも、乾電池内蔵式であれば電力の供給が止まっても作動することができます。バックアップ機能があれば、映像や画像も自動的に保存されるので安心です。

スマホやタブレットと連動できるネットワークカメラは、警告の開始や解除が簡単に行なえて便利です。また、メールで感知内容の詳細確認もできるので、忙しい合間でも万全な防犯対策が行なえます。別売りでリモコンも販売されているので、スマホやタブレットが使いない場合に備えて購入しておきましょう。このリモコンがあれば、警告の開始や解除も同様に行なえます。コンパクトサイズなので、バッグやキーホルダーと一緒に付けていても良いでしょう。

用途に応じた使い方

セキュリティカメラ

小型で持ち運びできるカメラから、自宅に設置できるネットワークカメラまで、世の中には様々な防犯グッズが販売されています。用途に合わせて使い分けることで、鮮明な画像を記録することができます。

もっと読む