用途に応じた使い方|おすすめのネットワークカメラの設置場所|死角をなくしておく

おすすめのネットワークカメラの設置場所|死角をなくしておく

積み木の住宅
このエントリーをはてなブックマークに追加

用途に応じた使い方

セキュリティカメラ

子供の留守番や、ペットの行動を確認したい時にネットワークカメラが役立ちます。普段は、室内の防犯対策に役立ちますが、使い方を変えるだけで監視システムとして使うことができます。特に、スマホやタブレットなどに接続できる、ネットワークカメラであれば仕事中や外出先から室内を確認することができます。

室内に設置するネットワークカメラを選ぶ時は、次の機能が内蔵されているか確認してから購入してみましょう。まず、動体検知機能は基本的な機能だと認識しておきましょう。この機能は、動く物体に反応して映像を記録してくれます。室内に動きがあった場合、映像や画像を記録して、連動しているスマホやタブレットに送信してくれます。本体に保存できるタイプもあるので、容量を確認してから接続してみましょう。

音声探知機能や、温度感知機能が加わったネットワークカメラであれば、幅広い防犯対策に適しています。音声探知機能は、映像と一緒に室内の音声や物音を記録してくれますし、遠隔操作を行なう場合の、マイクとしても使用することができます。また、温度感知機能は、あらかじめ設定している室温が変化した時に、お知らせメールで警告をしてくれます。この機能があれば、外部からの侵入者への対策以外にも、火事や事故の予防に役立ちます。用途に応じた機能を見極めるには、専門業者と相談して商品選びを行なうことも大事です。見積もりも出してくれるので、工事に関する相談も行なってみましょう。